徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [金崎 英二]/西 信之/木下 実/Niimori Kazumi/Vibronic interaction in the Phosphorescent Triplet State of p-Chloroaniline as Studied by the Method of Microwave Induced Delayed Phosphorescence/[Chemical Physics Letters]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
118084
EOID
844656
Map
0
LastModified
2017年1月18日(水) 14:06:30
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. Elsevier Science
著者 必須
  1. 金崎 英二
    役割 任意

    (日) 実験及び解析

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nishi Nobuyuki / (日) 西 信之
    役割 任意

    (日) 論文作成

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kinoshita Minoru / (日) 木下 実
    役割 任意

    (日) 研究指導

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Niimori Kazumi
    役割 任意

    (日) 実験

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Vibronic interaction in the Phosphorescent Triplet State of p-Chloroaniline as Studied by the Method of Microwave Induced Delayed Phosphorescence

副題 任意
要約 任意

(日) 本論文は,低温剛体溶媒中のp-クロロアニリンのりん光状態における振電相互作用の詳細をMIDP法により研究したものである.リン光状態の三つのスピン準位それぞれにおける振動スペクトルの測定に成功した.その結果,異なる対称性を持つスピン準位の中,Tz準位からのスペクトル中に非全対称振動が強く現れることが明らかになり,リン光状態におけるJahn-Teller効果の存在を示唆した

キーワード 推奨
発行所 推奨 Elsevier Science
誌名 必須 Chemical Physics Letters([Elsevier])
(resolved by 0009-2614)
ISSN: 0009-2614 (pISSN: 0009-2614)
Title: Chemical physics letters
Title(ISO): Chem Phys Lett
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 29
必須 4
必須 529 533
都市 任意 アムステルダム(Amsterdam/[オランダ王国])
年月日 必須 1974年 12月 15日
URL 任意 http://adsabs.harvard.edu/abs/1974CPL....29..529K
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意