徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 恒之]/Takarada Akira/[田中 均]/Ota Tadatoshi/Kinetic and ESR Studies on the Radical-Initiated Polymerization of N-(2,6-Dimethylphenyl)itaconimide/[Macromolecular Chemistry and Physics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
117651
EOID
959853
Map
0
LastModified
2019年8月27日(火) 14:29:11
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座
著者 必須
  1. 佐藤 恒之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Takarada Akira
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 田中 均
    役割 任意

    (日) 計画,考察,総括

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Ota Tadatoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Kinetic and ESR Studies on the Radical-Initiated Polymerization of N-(2,6-Dimethylphenyl)itaconimide

副題 任意
要約 任意

(日) 標題のイタコンイミドのラジカル重合を動力学的にまた分光学的に研究した.50℃における重合から,全重合速度は,開始剤濃度の0.5次に比例したが,モノマー濃度に対しては2.1次と通常の次数1.0次に比べ大きかった.この特異的な重合を動力学的に検討したところ,このものの停止反応速度定数がモノマー濃度の減少とともに増加していることが認められ,これがモノマー濃度を高次にする原因であると結論された.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Macromolecular Chemistry and Physics([Wiley-VCH])
(pISSN: 1022-1352, eISSN: 1521-3935)
ISSN 任意 1521-3935
ISSN: 1022-1352 (pISSN: 1022-1352, eISSN: 1521-3935)
Title: Macromolecular chemistry and physics
Title(ISO): Macromol Chem Phys
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 192
必須 10
必須 2231 2241
都市 任意
年月日 必須 1991年 10月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/macp.1991.021921004    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意