徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [長尾 文明]/[宇都宮 英彦]/Hiraoka Tateki/Estimation of Local Environment in Wind Tunnel Simulation/Proceedings of the International Seminar on Wind Engineering

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
117160
EOID
234954
Map
0
LastModified
2005年7月20日(水) 14:37:12
Operator
近江 千代子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
長尾 文明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座
著者 必須
  1. 長尾 文明([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    役割 任意

    (日) テーマの設定,実験,考察,論文作成

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 宇都宮 英彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hiraoka Tateki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Estimation of Local Environment in Wind Tunnel Simulation

副題 任意
要約 任意

(日) 複雑な地形を単純化した台形断面の簡略化地形模型を用いて,局所的な風況特性を支配する地形因子を抽出することを目的とするものであり,2次元丘,開口部を有する切通し及び半島状地形を対象として実験を行なった.その結果,重要な地形因子は,丘の高さ,丘の勾配,開口部の幅であることが明らかとなった.また,半島周辺部では尾根の風下において,接近流より増速される極めて局所的な現象の存在が明らかになった.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of the International Seminar on Wind Engineering
ISSN 任意
必須
必須
必須 79 89
都市 必須 インスブルック(Innsbruck/[オーストリア共和国])
年月日 必須 1987年 6月 17日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意