徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Wei Hua/[友竹 偉則]/[永尾 寛]/[大栗 孝文]/Nagao Daisuke/[市川 哲雄]/In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants/[Prosthodontic Research & Practice]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
117001
EOID
681675
Map
0
LastModified
2013年3月7日(木) 16:29:23
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
友竹 偉則
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Wei Hua
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 友竹 偉則([徳島大学.病院.中央診療施設等.口腔インプラントセンター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 永尾 寛([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面補綴学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 大栗 孝文
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Nagao Daisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 市川 哲雄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面補綴学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants

副題 任意
要約 任意

(英) Purpose : This in vitro study investigated the influence of implant splinting on stress distribution in two experimental implant-bone models.Materials and Methods : Two experimental implant-bone models simulated the original Brånemark model with four implants between the mental foramina and one additional implant placed on each side posterior to the mental foramen. The stress distribution on each implant in the models was examined by applying a static load to the superstructure. Three types of superstructures were studied to determine the effect of additional implants in the posterior region : 1) a metal superstructure supported by all six implants (Full dental arch ; Metal FDA) ; 2) the same type of superstructure made of resin instead of metal (Resin FDA) ; and 3) the metal superstructure supported by four anterior implants, with the conical abutments removed from the two posterior implants (Short dental arch ; Metal SDA).Results : Regardless of the type of superstructure tested, high stress was observed around each loaded implant. The highest stress was concentrated on the distal implants of the FDA compared to the stress on the anterior implants.Conclusion : The elevated stress concentration around the implants found in the present in vitro study is considered to be one of the reasons for the high failure rate of additional posterior mandibular implants.

キーワード 推奨
  1. (英) stress distribution
  2. (英) splinting
  3. (英) posterior installation of implant
  4. (英) mandibular distortion
発行所 推奨 日本補綴歯科学会
誌名 必須 Prosthodontic Research & Practice([日本補綴歯科学会])
(pISSN: 1347-7021)
ISSN 任意 1347-7021
ISSN: 1347-7021 (pISSN: 1347-7021)
Title: Prosthodontic Research & Practice
Supplier: 公益社団法人 日本補綴歯科学会
Publisher: Japan Prosthodontic Society
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 3
必須 1
必須 84 91
都市 任意
年月日 必須 2004年 10月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10013728469/
DOI 任意 10.2186/prp.3.84    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10013728469
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意