徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [妹尾 真紀子]/Yamada, Takahiro/Wang, Hongwei/[平野 朋広]/[佐藤 恒之]/Kinetic Study of the Radical Polymerization Behavior of N-(1-Phenylethylaminocarbonyl)methacrylamide/[Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
116763
EOID
879180
Map
0
LastModified
2017年12月10日(日) 18:46:28
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
平野 朋広
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
著者 必須
  1. 妹尾 真紀子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yamada, Takahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Wang, Hongwei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 平野 朋広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 佐藤 恒之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Kinetic Study of the Radical Polymerization Behavior of N-(1-Phenylethylaminocarbonyl)methacrylamide

副題 任意
要約 任意

(英) Polymerization of N-(1-phenylethylaminocarbonyl)methacrylamide (PEACMA) with dimethyl 2,2 -azobisisobutyrate (MAIB) was kinetically studied in dimethyl sulfoxide (DMSO). The overall activation energy of the polymerization was estimated to be 84 kJ/mol. The initial polymerization rate (Rp) is given by Rp = k[MAIB]0.6[PEACMA]0.9 at 60 °C, being similar to that of the conventional radical polymerization. The polymerization system involved electron spin resonance (ESR) spectroscopically observable propagating poly(PEACMA) radical under the actual polymerization conditions. ESR-determined rate constants of propagation and termination were 140 L/mol s and 3.4 × 104 L/mol s at 60 °C, respectively. The addition of LiCl accelerated the polymerization in N,N-dimethylformamide but did not in DMSO. The copolymerization of PEACMA(M1) and styrene(M2) with MAIB in DMSO at 60 °C gave the following copolymerization parameters; r1 = 0.20, r2 = 0.51, Q1 = 0.59, and e1 = +0.70.

(日) N-(1-phenylethylaminocarbonyl)methacrylamideのラジカル重合の反応速度式および全重合の活性化エネルギーを求めた.また,LiClを加えると重合速度が加速することを見出した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry([John Wiley & Sons, Inc.])
(pISSN: 0887-624X, eISSN: 1099-0518)
ISSN 任意 0887-624X
ISSN: 0887-624X (pISSN: 0887-624X, eISSN: 1099-0518)
Title: Journal of polymer science. Part A, Polymer chemistry
Title(ISO): J Polym Sci A Polym Chem
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 43
必須 10
必須 2013 2020
都市 任意
年月日 必須 2005年 5月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/pola.20682    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意