徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/日本文学基礎研究III (2005後期)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
116635
EOID
382494
Map
0
LastModified
2007年12月28日(金) 21:53:01
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (日) 日本文学基礎研究III (2005後期) / (読) にほんぶんがくきそけんきゅう
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
  3. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 鳥羽 耕史
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) Reading the Japanese novels, plays, poems, and scenarios of postwar Japan. The purpose of this class is to read the texts, discuss on them, and deepen the understandings on the Japanese postwar literature.

(日) 戦後日本の小説·戯曲·詩·映画(シナリオ)を読み解く.今年度は米国留学生の参加が予想されるため,英訳教科書のオリジナル日本語版をプリントとして配布し,留学生と希望者は英訳テクストのコピーも参照しながら読解していく.授業内での議論を通じて,文学テクストの読解力を高めることを目的とする.また,英語訳のテクストと比較することで,詩の翻訳可能性と不可能性,オリエンタリズムの視線でまなざされた日本といった問題についても考察していきたい.

概要 必須

(英) Literature and culture of postwar Japan

(日) 戦後日本の文学·文化

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(英) Requirement: Read the text before attendance.

(日) 毎回,授業時に発言を求めるので,必ず指定されたテクストを読んだ上で授業に臨むこと.

目標 必須
  1. (英) Deepen the Knowledge about Japanese postwar culture and literature.

    (日) 戦後文化の流れや戦後文学についての知識を深める.

  2. (英) Improve the ability to read and speak Japanese.

    (日) 言語表現·言語分析の力を向上させる.

計画 必須
  1. (英) Guidance

    (日) ガイダンス

  2. (英) An introduction to the literature and culture of Japanese '60s

    (日) 1960年代文学·文化概論

  3. (英) Yasunari Kawabata, "Seven Very Short Stories"

    (日) 川端康成「掌編七つ」

  4. (英) Kenzaburo Oe, "Aghwee the Sky Monster"

    (日) 大江健三郎「空の怪物アグイー」

  5. (英) Kobo Abe, "Friends"

    (日) 安部公房「友達」

  6. (英) Akira Kurosawa, "Ikiru"(1)

    (日) 黒沢明「生きる」(1)

  7. (英) Akira Kurosawa, "Ikiru"(2)

    (日) 黒沢明「生きる」(2)

  8. (英) Akiyuki Nosaka, "American Hijiki"

    (日) 野坂昭如「アメリカひじき」

  9. (英) Taeko Kono, "Bone Meat"

    (日) 河野多恵子「骨の肉」

  10. (英) Yoshikichi Furui, "Wedlock"

    (日) 古井由吉「妻隠 (つまごみ)」

  11. (英) Yumiko Kurahashi, "To Die at the Estuary"

    (日) 倉橋由美子「河口に死す」

  12. (英) Mieko Kanai, "Poem"

    (日) 金井美恵子「マダム·ジュジュの家」

  13. (英) Akira Abe, "Peaches"

    (日) 阿部昭「桃」

  14. (英) Ryuichi Tamura, "Two Poems"

    (日) 田村隆一「詩二編」

  15. (英) Conclusion

    (日) まとめ

  16. (英) Report

    (日) レポート

評価 必須

(英) Synthesis of attendance cards, participation to the discussions, and written reports.

(日) 出席確認を兼ねた毎回の小レポートと授業時の発言,中間レポート,期末レポートにより総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 行わない.

教科書 必須
  1. (英) Howard Hibbett ed., "Contemporary Japanese Literature", Tuttle, 1978 (if available)

    (日) 教科書は使わない.Howard Hibbett ed., "Contemporary Japanese Literature", Tuttle, 1978(品切)に収録された作品の日本語版を教材としてプリント配布する.参考書は適宜指示する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 鳥羽 耕史
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日 13:30∼14:30

科目コード 推奨
備考 任意