徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [金品 昌志]/上田 一作/釜谷 比羅志/Eyring Henry/Pressure - Anesthetic Antagonism on the Phase Separation of Nonionic Surfactant Micelles/[Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
116542
EOID
711572
Map
0
LastModified
2013年9月11日(水) 21:38:31
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. 金品 昌志
    役割 任意

    (日) 実験,考察,記述

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ueda Issaku / (日) 上田 一作 / (読) うえだ いっさく
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kamaya Hiroshi / (日) 釜谷 比羅志 / (読) かまや ひろし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Eyring Henry
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Pressure - Anesthetic Antagonism on the Phase Separation of Nonionic Surfactant Micelles

副題 任意
要約 任意

(英) An aqueous solution of non-ionic surfactants becomes suddenly turbid when heated to a critical temperature, known as the cloud point, and concomitantly expands the volume. The volume expansion is caused by release of structured water molecules from the hydrophilic polyoxyethyelene moieties. Inhalation anesthetics decreased the cloud-point temperature of hexaoxyethylene dodecyl ether micelles. The concentrations of methoxyflurane, halothane and enflurane causing a 1 degree C depression of the cloud-point temperature were 0.51, 0.71 and 0.78 mmolal, respectively. Hydrostatic pressure increased the cloud-point temperature in the absence and presence of the anesthetics. The change of the apparent molal volume at the cloud point was estimated to be 2.2 cm3/mol in the absence of anesthetics. This value decreased in the presence of the anesthetics, dose dependently. The results indicate that the anesthetics favor dehydration of the hydrophilic surface of the non-ionic surfactant micelles.

(日) 非イオン性界面活性剤ミセルの相分離現象を利用して麻酔作用の圧拮抗現象のモデル実験を行った.曇り点(相分離)の温度は加圧により上昇する.吸入麻酔薬を添加すると曇り点は降下する.曇り点ではミセル表面のポリオキシエチレン鎖から脱水和が起こり,その時2.2 cm3 mol-1の体積増加を伴う.麻酔薬(メトキシフルレン,ハロセン,エンフルレン)の添加はミセル表面の脱水和を起こり易くしている.

キーワード 推奨
  1. (英) Anesthetics
  2. (英) Enflurane
  3. (英) Halothane
  4. (英) Hot Temperature
  5. (英) Methoxyflurane
  6. (英) Micelles
  7. (英) Polyethylene Glycols
  8. (英) Pressure
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 圧力 (pressure)
    [キーワード] 血圧 (blood pressure)
    [キーワード] 高圧力 (high pressure)
    [キーワード] 静水圧 (hydrostatic pressure)
  9. (英) Surface-Active Agents
  10. (英) Thermodynamics
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 熱力学 (thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第1法則 (first law of thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第2法則 (second law of thermodynamics)
発行所 推奨 Elsevier Science
誌名 必須 Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes([Elsevier Science])
(pISSN: 0005-2736)
ISSN 任意 0005-2736
ISSN: 0005-2736 (pISSN: 0005-2736, eISSN: 1879-2642)
Title: Biochimica et biophysica acta. Biomembranes
Title(ISO): Biochim Biophys Acta Biomembr
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 603
必須 2
必須 237 244
都市 任意
年月日 必須 1980年 12月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/0005-2736(80)90370-3    (→Scopusで検索)
PMID 任意 7459351    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, U.S. Gov't, Non-P.H.S.

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, U.S. Gov't, P.H.S.