徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [寺田 弘]/[金品 昌志]/麻酔薬の作用と生体膜/[蛋白質 核酸 酵素]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
116507
EOID
346758
Map
0
LastModified
2007年6月26日(火) 15:59:25
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. 寺田 弘([東京理科大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 金品 昌志
    役割 任意

    (日) 考察,執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 麻酔薬の作用と生体膜

副題 任意
要約 任意

(日) 麻酔薬はリン脂質二分子膜の相転移温度を降下させる.降下の程度は麻酔薬に依存する.相転移降下温度を膜の束一的性質として考え,麻酔薬の膜/水分配係数を見積もる.分配係数は麻酔深度と相関している.麻酔薬の膜への移行熱力学量は膜界面水の寄与を考慮することによって理解できる.麻酔薬によって誘起される膜リン脂質の状態変化を介して膜蛋白質の機能発現を制御している.このような考えで麻酔作用機構について解説した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 共立出版株式会社
誌名 必須 蛋白質 核酸 酵素([共立出版株式会社])
(resolved by 0039-9450)
ISSN: 0039-9450 (pISSN: 0039-9450)
Title: Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme
Title(ISO): Tanpakushitsu Kakusan Koso
Publisher: Kyoritsu Shuppan Co., Ltd.
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 36
必須 11
必須 1770 1778
都市 任意
年月日 必須 1991年 11月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意