徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [金崎 英二]/Kinugawa Kensaku/Ishikawa Yuuichi/Conformation of intercalated aromatic molecular anions between layeres of Mg/Al- and Zn/Al-hydrotalcites/[Chemical Physics Letters]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
116391
EOID
844678
Map
0
LastModified
2017年1月18日(水) 14:42:53
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. Elsevier Science
著者 必須
  1. 金崎 英二
    役割 任意

    (日) 実験解析,論文作成

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kinugawa Kensaku
    役割 任意

    (日) 実験補助

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ishikawa Yuuichi
    役割 任意

    (日) 実験補助

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Conformation of intercalated aromatic molecular anions between layeres of Mg/Al- and Zn/Al-hydrotalcites

副題 任意
要約 任意

(日) 本論文では,MgとAl及びZnとAlとを含む層状複水酸化物(Mg/Al-LDH,Zn/Al-LDH)層間にナフタレンジスルホン酸類陰イオンをインタ-カレ-トした層状化合物の合成を論じた.XRD像の解析により得られる基本面間隔値は,合成条件に依存して複数の値をとり得ることが明らかになった.その理由として,層間にインタ-カレ-トした分子は,層間ポテンシャルの異方性を反映して,特定の方向性を持つと結論した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Elsevier Science
誌名 必須 Chemical Physics Letters([Elsevier])
(resolved by 0009-2614)
ISSN: 0009-2614 (pISSN: 0009-2614)
Title: Chemical physics letters
Title(ISO): Chem Phys Lett
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 226
必須 3 4
必須 325 330
都市 任意 アムステルダム(Amsterdam/[オランダ王国])
年月日 必須 1994年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/0009-2614(94)00734-9    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0001765677
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意