徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/日本言語基礎研究II (2006後期)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
115964
EOID
382489
Map
0
LastModified
2007年12月28日(金) 21:52:46
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (日) 日本言語基礎研究II (2006後期) / (読) にほんげんごきそけんきゅう
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  3. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 仙波 光明
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 日本語はどのような歴史をたどってきたか.前期は,日本語の語彙の歴史を,後期は,文法史を講義し,あわせて古文の正確な理解が出来る力を向上させることを目的とする.

概要 必須

(日) 日本語の歴史通覧

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 昨年までと,開講時間が異なっているので注意.なお,授業の進行およびその他の注意事項の詳細は,第1回目に伝える.

目標 必須
  1. (日) 前期は,日本語がどのような言葉を用いてきたか,それが表現にどのような効果をもたらしてきたかを理解できる.

  2. (日) 後期は,文法の歴史をたどりつつ,併せて古文のより正確な解釈ができる力を養う.

計画 必須
  1. (日) 前期1. 古代日本語の語彙概観 2.上代日本語の語彙(万葉集の語彙から)

  2. (日) 3.中古散文語の語彙(訓点語) 4,中古散文の語彙(記録体の語彙)

  3. (日) 5.中古散文の語彙(源氏物語の語彙など 漢語の存在価値) 6.中古韻文の語彙(百人一首の語彙を分類してみよう)

  4. (日) 7.中古韻文の語彙 8.中世日本語の語彙概観

  5. (日) 9.中世散文の語彙(今昔物語集など) 10.中世散文の語彙(平家物語など和漢混淆文の語彙)

  6. (日) 11.中世散文の語彙(御伽草子) 12.中世散文の語彙(抄物,キリシタン資料など)

  7. (日) 13.近世の語彙概観 14.近世の語彙(女房言葉 『女重宝記』の言葉など)

  8. (日) 15.近世の外来語(オランダ語と近世中国語)

  9. (日) 後期1.2. 古代語の文法Ⅰ(動詞,形容詞,敬語)

  10. (日) 後期3.4. 古代語の文法Ⅱ(助詞,助動詞 その1)

  11. (日) 後期5.6. 古代語の文法Ⅲ(助動詞ゆ·らゆ·る·らる そのほか)

  12. (日) 後期7.8. 古代語の文法Ⅳ(助動詞 き·けり等)

  13. (日) 後期9.10. 中世·近世語の文法Ⅰ(概観 動詞活用の変化)

  14. (日) 後期11.12. 中世·近世日本語の文法Ⅱ(意志·推量·推定表現)

  15. (日) 後期13.14. 中世·近世日本語の文法(格助詞「の·が」の役割変化など

  16. (日) 後期15. 補足とまとめ

評価 必須

(日) 小テストなどで,60%,期末試験を40%の割合で評価する予定.

再評価 必須

(日) あり

教科書 必須
  1. (日) 教科書 佐藤武義編著『概説日本語の歴史』(朝倉書店 本体価格2900円)

  2. (日) また,随時プリントを配布する.

  3. (日) 参考書 随時紹介する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 仙波 光明
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日 16時30分∼17時30分 その他随時.

科目コード 推奨
備考 任意