徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/民俗学研究I

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
113967
EOID
575741
Map
0
LastModified
2011年4月8日(金) 18:52:58
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (日) 民俗学研究I / (読) みんぞくがくけんきゅう
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
  3. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
  4. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]
  5. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]
  6. 2005/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 日本民俗学の主な研究目的は,各地に見られる民俗(一般の人々が日常生活の中で育み,伝承してきた生活文化やそれを支える思考様式)の持つ意味を明らかにし,さらにそれらの比較検討を通して,日本の基層文化を究明することにある.このような過去遡及的=歴史学的側面を持つ一方で,日本民俗学は,民俗の変化とその要因の解明,あるいは現代社会の中で新たに生成する民俗の構造と意味の分析といった現代学的側面も有している.本授業では,こうした日本民俗学の基本概念について概説する.

概要 必須

(日) 日本民俗学の基本問題

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 受講者の理解を助けるため,授業の中ではビデオ,スライド,CD,パソコン(パワーポイントによるプレゼンテーション)などの視聴覚教材を多用する.なお,民俗学研究I(概説·来年度開講予定)と民俗学研究II(特論·今年度開講)は,隔年で交互に開講される.

目標 必須
  1. (日) 日本民俗学の基本的な概念を理解し,過去の,あるいは現代の日本社会における民俗文化の意味について深い考察を加えることができる.

計画 必須
  1. (日) 民俗学の考え方(民俗学の研究対象·目的·方法)

  2. (日) 社会の民俗(イエとムラの民俗)

  3. (日) 環境の民俗(景観·地形と民俗)

  4. (日) 生業の民俗(海·山·里の生業と民俗)(1)

  5. (日) 生業の民俗(海·山·里の生業と民俗)(2)

  6. (日) 時間の民俗(年中行事と民俗)

  7. (日) 生と死の民俗(出産·葬儀の民俗)

  8. (日) 神と霊魂の民俗(祖先祭祀,他界観と民俗)

  9. (日) 境界と怪異の民俗(異人=鬼·河童·天狗·狸の民俗)

  10. (日) 性と民俗(女性の民俗,男性の民俗)

  11. (日) 語りの民俗(昔話·伝説·世間話の民俗)

  12. (日) 都市の民俗(生成·変容する都市民俗)(1)

  13. (日) 都市の民俗(生成·変容する都市民俗)(2)

  14. (日) 比較民俗学への道(環東シナ海文化圏の民俗)

  15. (日) 民俗研究の課題と展望(現代社会と民俗,民俗学の現代的意義)

評価 必須

(日) 本授業の成績評価は,授業への取り組み状況,授業時間中に随時行う小テスト(各回の授業内容の理解度を確認する簡単なテスト)の点数,期末レポートの点数を総合して行う.

再評価 必須

(日) あり

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使用しない.毎回,授業中にプリントを配布する.講義全体に関わる概論的な参考書を以下に挙げるが,個々のトピックに関する参考書については,講義の中で随時紹介する.

  2. (日) 佐野賢治他『現代民俗学入門』吉川弘文館,1996年.

  3. (日) 松崎憲三他編『民俗学の冒険』1∼4,ちくま新書,1999年.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 髙橋 晋一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) (前期)水曜日 12時∼13時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 隔年開講(今年度開講せず)