徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/分子設計学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
113480
EOID
383724
Map
[2004/分子設計学]
LastModified
2007年12月28日(金) 22:29:22
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[博士後期課程運営委員会委員長]/[工学研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Advanced Molecular Design / (日) 分子設計学 / (読) ぶんしせっけいがく
コース 必須
  1. 2005/[物質材料工学専攻]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 佐藤 恒之
    肩書 任意
  2. 妹尾 真紀子
    肩書 任意
  3. 平野 朋広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 精密合成または精密重合の基本原理を,反応活性種の極性·配位子の構造設計·反応場への不正導入などの観点から理解する.

概要 必須

(英) Advanced discussion of current aspects of molecular design. Organic reaction mechanism and molecular design. Polymer synthesis, polymerization mechanism, and macromolecular design. Supramolecular chemistry. Correlation between inter-or intramolecular structure and chemical reactivity or functionality.

(日) 化学反応や分子間相互作用を電子,原子,分子の動きとして捉え,化合物の構造とその反応性及び性質の関係を分子論的に講義し,種々の物質機能を発現させるための化学的アプローチについて講述する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 精密合成の基本原理を理解する.

  2. (日) 精密重合の基本原理を理解する.

計画 必須
  1. (日) 有機ラジカルの特性

  2. (日) ラジカル種の構造とESR

  3. (日) ラジカルの構造と反応性

  4. (日) ラジカル機構に基づいた分子設計と合成

  5. (日) ラジカル重合による機能材料の合成

  6. (日) 不均一系遷移金属触媒による重合

  7. (日) 均一系遷移金属触媒による重合

  8. (日) 遷移金属触媒による重合ー立体制御

  9. (日) ルイス酸を用いた反応制御

  10. (日) 立体特異性重合

  11. (日) 反応場と分子設計

  12. (日) 分子集合体と分子設計

  13. (日) 不斉場を用いた反応制御

  14. (日) 重合反応への物理ゲルの応用

  15. (日) デンドリティックポリマ-材料の分子設計と合成·応用

  16. (日) 予備日

評価 必須

(日) 授業への取り組み状況,レポートの提出状況および内容によって評価する.

対象学生 任意
教科書 必須
参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です