徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/材料応用論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
113479
EOID
383569
Map
[2004/材料応用論]
LastModified
2007年12月28日(金) 22:27:04
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[博士後期課程運営委員会委員長]/[徳島大学.工学研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Material Applications / (日) 材料応用論 / (読) ざいりょうおうようろん
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.工学研究科.物質材料工学専攻]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 吉田 憲一
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 西野 秀郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
  3. 高木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース.機械科学講座]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座]/[徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座])
    肩書 任意 助教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日)
単位 必須 2
目的 必須

(日) ますます苛酷な環境で使用される先進材料の材料評価法として将来性のあるアコースティック·エミッション法(AE法)とガイド波検出法について,その基礎から応用ならびに現状を把握し,材料評価の重要性を体得する.また,先進複合材料として,自然繊維と生分解樹脂を用いたグリーンコンポジットについて,その開発と展開および今後の用途拡大指向を把握し,これからの材料開発に関する認識を深める.

概要 必須

(日) 材料の評価は,従来から広範囲におこなわれている.この中で,非破壊的に評価する方法の開発が望まれている.本講義では,材料内を伝播する超音波を利用する方法を採り上げる.この方法の中には,材料内部で発生する超音波を受動的に捉えるAE法と超音波を能動的に利用するガイド波検出法がある.これらについて,その計測法の基礎と解析手法を分かり易く説明するとともに,これらの分野の現状を教授する.(吉田教授,西野助教授)また,材料の需要が多岐にわたる現況の中で,廃棄物の増量化,多様化および最終処分場の確保等に見られるように,環境に与える負荷の小さい優れた材料の開発が望まれている.これを踏まえて本講義では,グリーンコンポジットを中心にした先進複合材料を採り上げる.先進複合材料の基礎概念と求められる特性を分かり易く説明するとともに,グリーンコンポジット開発の現状を教授する(高木助教授).

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 検出したAE信号のパラメーター抽出を行うことにより,先進材料の変形および破壊のダイナミックスの解明(吉田教授).

  2. (日) プラント材料を伝播するガイド波を検出することにより,各種欠陥の同定を行い,寿命予測の可能性の模索(西野助教授).

  3. (日) 低環境負荷時代に適した先進複合材料であるグリーンコンポジットの高機能化と高品質化(高木助教授).

計画 必須
  1. (日) アコースティック·エミッション法(AE法)の概要

  2. (日) AE発生源における原波形解析

  3. (日) 先進材料の変形中のAEと変形機構

  4. (日) 微視割れに伴うAEと破壊予測技術

  5. (日) 最近のAE法を用いた材料評価技術の動向

  6. (日) 粘弾性,異方性,圧電性,非線形性を考慮した超音波の伝搬理論粘弾性,異方性,圧電性,非線形性を考慮した超音波の伝搬理論

  7. (日) 粘弾性,異方性,圧電性,非線形性を考慮した超音波の伝搬シミュレーション

  8. (日) SHモード板波を中心としたガイド波の基礎

  9. (日) パイプの円周方向および軸方向に伝搬するガイド波

  10. (日) 最新のガイド波研究概論

  11. (日) 先進複合材料の概念

  12. (日) 先進複合材料の種類と応用例

  13. (日) 先進複合材料の特性

  14. (日) 先進複合材料と地球環境

  15. (日) グリーンコンポジットの開発動向

  16. (日) 定期試験

評価 必須
対象学生 任意
教科書 必須
参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です