徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/光電機器設計及び演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
113168
EOID
383905
Map
[2004/光電機器設計及び演習]
LastModified
2007年12月28日(金) 22:45:42
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Optoelectronic Instruments Design and Exercise / (日) 光電機器設計及び演習 / (読) こうでんききせっけいおよびえんしゅう
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 仁木 登
    肩書 任意
  2. 久保 満
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 光デバイス,電子機器の利用方法を含めた実験技術や,マイクロプロセッサを用いたプログラミングの原理に対して理解を深め,ハードウエアとソフトウエアの基礎技術の修得を目的とする.

概要 必須

(日) マイクロプロセッサ,IC,インターフェイス回路などに関する講義及びマイクロプロセッサを用いた演習により,ハードウエアとソフトウエア間の構成や動作原理を修得することを目的とする.授業ではZ80を用いた光素子の発振制御,16進スイッチ入力,リレー制御,割り込み制御,音声入力·再生処理を実習する.また,創造性や問題解決能力を養うために設計及び演習を兼ねた小テストを5回と発表会1回を行う.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 特になし

注意 任意
目標 必須
  1. (日) マイクロプロセッサを用いて,ハードウエアとソフトウエア間の動作原理を理解し,計算機を有効に活用できる能力を高め,光技術者として計算機システムの設計能力及び問題解決能力を養うことを目標とする.

計画 必須
  1. (日) Z-80を用いた機械語·アセンブラ言語·BASIC言語の基本操作

  2. (日) 論理演算とアドレスについて

  3. (日) 小テスト-1

  4. (日) LED点灯プログラムとWAITサブルーチン

  5. (日) フラグレジスタについて

  6. (日) 小テスト-2

  7. (日) Z-80PIOの制御について

  8. (日) Z-80PIOを用いたスイッチ入力LED点灯プログラム

  9. (日) 小テスト-3

  10. (日) Z-80PIOの割り込み制御プログラム-1

  11. (日) Z-80PIOの割り込み制御プログラム-2

  12. (日) 小テスト-4

  13. (日) Z-80ACD0809を用いた音声入力プログラム

  14. (日) 小テスト-5

  15. (日) 発表会

  16. (日) 予備日

評価 必須

(日) 講義への取り組み状況,小テスト,発表点で評価する.配点の比率は,講義への取り組み状況40%,小テスト40%,発表点20%である.単位修得のための合格基準は,総合評価の60%である.

JABEE合格 任意

(日) JABEE合格は単位合格と同一とする.

JABEE関連 任意

(日) 光応用工学科の学習·教育目標「(B)基礎的実験技術の習熟と創造性」に関連する.

対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) 実習の原理,方法を示したプリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 横井与次郎:「ディジタルIC実用回路マニュアル」

  2. (日) 上野大平:「確実に動作する電子回路設計」

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 仁木 登 088-656-9430, niki@opt.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意
  2. (日) 久保 満 088-656-9432, mkubo@opt.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 実習機器は故障しやすいので丁寧に扱うこと.

  2. (日) 限られた時間内で実習内容を理解して課題をこなすことは困難であるので予習すること.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です