徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/結晶工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
113153
EOID
383860
Map
[2004/結晶工学]
LastModified
2007年12月28日(金) 22:44:04
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Crystal Engineering / (日) 結晶工学 / (読) けっしょうこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 井上 哲夫
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) (1) 結晶の対称性,構造について, (2)X線による結晶の研究法, (3)結晶の中で光はどのように進むのか,また(4)格子欠陥についての基礎知識を修得する.

概要 必須

(日) 結晶についての基礎知識(対称性,構造)を講義し,また結晶の持つ対称性との関連で光学的性質を講義する.また結晶中の格子欠陥について講義する.結晶の対称性の理解には線形代数学の知識が必要であり,またX線や結晶の光学的性質の理解には物理学,格子欠陥の理解には物理や化学の基礎知識が必要である.その結果,この授業科目は学科の学習教育目標AとBに大きく関連している.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 結晶成長学1([2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/結晶成長学1])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 関連科目:結晶成長学(3年の授業)の基礎となる.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) (1)結晶の対称性や構造について理解する.(2)X線による結晶構造解析の原理を理解する.(3)結晶の光学的性質について理解する. (4)格子欠陥について理解する.

計画 必須
  1. (日) 結晶形態学(対称の要素)

  2. (日) 結晶形態学(32点群)

  3. (日) 結晶形態学(立体投影)

  4. (日) 結晶構造学(空間群)

  5. (日) 結晶構造学(代表的構造)

  6. (日) X線結晶学(原理)

  7. (日) X線結晶学(結晶の構造や方位の決定法)

  8. (日) 中間試験:到達目標(1,2)の試験

  9. (日) 結晶の光学的性質(偏光の基礎)

  10. (日) 結晶の光学的性質(偏光の干渉)

  11. (日) 結晶の光学的性質(1軸性結晶,2軸性結晶)

  12. (日) 結晶の光学的性質(吸収,多色性)

  13. (日) 光学結晶の特色(対称性との関連)

  14. (日) 格子欠陥

  15. (日) 格子欠陥

  16. (日) 期末試験:到達目標(3,4)の試験

評価 必須

(日) 単位の取得:試験80%(中間試験40%,期末試験40%),講義への取り組み状況20%として評価し,全体で60%以上で合格とする.

JABEE合格 任意

(日) 単位合格と同一

JABEE関連 任意

(日) B

対象学生 任意 他学科,他学部学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 「結晶としての固体」(バーンズ固体物理学 )(Gerald Burns,著,寺内 暉·中村輝太郎 訳,東海大出版)

参考資料 推奨
  1. (日) 「光学結晶」(アドバンストエレクトロニクスシリーズI ー14)(宮沢信太郎 著,培風館)

  2. (日) 「結晶工学の基礎」(小川智哉 著,裳華房)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 井上哲夫,光応用棟3F(310),TEL:088-656-9416,E-mail:inoue@opt.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) オフィスアワー: 随時

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です