徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/コンピュータ入門1

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112963
EOID
383916
Map
[2004/コンピュータ入門1]
LastModified
2007年12月28日(金) 22:46:10
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
上田 哲史
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Introduction to Computer I / (日) コンピュータ入門1 / (読) コンピュータにゅうもん
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 上田 哲史([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    肩書 任意
  2. 毛利 公美
    肩書 任意
  3. 柘植 覚
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) UNIXを中心とした基礎的なコンピュータリテラシを,十分な実習時間をかけて修得させる.

概要 必須

(日) UNIX はマルチユーザ·マルチタスクのオペレーティングシステム(OS)であり,C言語とのインターフェースが良く,各種コンパイラ,テキスト処理ツールも豊富に用意されている. また,インターネットへの親和性にも優れ,電子メイル,ネットニュースなど,多くのネットワークサービスのサーバおよびクライアントが動作している. UNIXの伝統や哲学を理解し,各自が各ツールを使いこなして,各種情報処理やプログラミングを効率よく行えるようになることを目指す.実習を中心とした講義展開を行なう.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. コンピュータ入門2([2005/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/コンピュータ入門2])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 特になし

注意 任意

(日) 「コンピュータ入門2」と連動,一貫した授業展開を行う

目標 必須
  1. (日) 基本的なコンピュータによる読み書き纂法の修得

  2. (日) プログラムの作成と実行まで,コンピュータシステム内での振る舞いを意識しながらの理解

計画 必須
  1. (日) コンピュータ,インターネットの利用と情報倫理

  2. (日) UNIXの概説,コンピュータの取り扱い基礎

  3. (日) エディタと電子メイル基礎

  4. (日) エディタと電子メイル応用

  5. (日) ファイルとディレクトリの操作

  6. (日) 標準入出力と各種UNIXコマンド

  7. (日) LaTeX によるレポート作成技術

  8. (日) データ処理技術

  9. (日) C言語の概要とプログラミング環境

  10. (日) データ型と演算

  11. (日) 制御構造(1)

  12. (日) 制御構造(2)

  13. (日) 総括と補足

  14. (日) オンライン模擬試験

  15. (日) オンライン単位認定試験

  16. (日) 予備日

評価 必須

(日) 課題を毎回出題する.試験と課題の達成状況を総合的に判断して評価する.平常点と試験の比率は7:3とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意
対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) 利用の手引き(無償配布)

  2. (日) 柴田望洋,定本明解C言語入門編,ソフトバンク出版

参考資料 推奨
  1. (日) 坂本 文「たのしいUNIX」アスキー出版

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 上田 哲史([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    オフィスアワー 任意
  2. 毛利 公美
    オフィスアワー 任意
  3. 柘植 覚
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 1年生後期の「コンピュータ入門2」と連続して講義および演習を進める.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です