徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/河川工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112792
EOID
504342
Map
[2004/河川工学]
LastModified
2010年1月25日(月) 14:26:12
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) River Engineering / (日) 河川工学 / (読) かせんこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 岡部 健士
    肩書 任意
  2. 竹林 洋史
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 安全で快適な川づくりに不可欠な要件として,まず,河川水害と土砂災害の現状を整理したのち,洪水流追跡,流砂量計算,河床変動追跡の基礎理論とその応用法を講義し,河川の計画と管理の合理化に必要な基礎知識を習得させる.

概要 必須

(日) 学期前半は,河川に関わる水災害の実情を紹介し,それらを抑止,軽減するための河川整備の概要を解説したのち,不定流の基礎式から出発して,洪水波の伝播特性の解析理論と数値計算法を講述する.後半は,土砂に起因する河川災害と土石流災害の実情を紹介し,その予測の基礎となる掃流砂,浮遊砂の運動論を述べたあと,河床変動の数値計算法の基本事項を解説する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 基礎の流れ学([2005/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]])
    必要度 任意
  2. 水工学([2005/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/水理学2及び演習])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 沿岸域工学([2005/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/海岸工学])
    関連度 任意
  2. 生態系修復論([2005/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/環境保全工学])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 特には指定しない.

注意 任意

(日) 「基礎の流れ学」と「水工学」を履修済みであることを前提に講義する.

目標 必須
  1. (日) 河川事業の意義·目的および進め方を理解している.

  2. (日) 洪水流の基本的な性質とその解析方法を理解している.

  3. (日) 土砂輸送量の特性とそれに伴う河床変動の解析法を理解している.

計画 必須
  1. (日) わが国の河川の諸特性

  2. (日) わが国の水害事情と対策

  3. (日) 河川計画の沿革と現状

  4. (日) 河道管理と河川構造物

  5. (日) 河川不定流とその解法(1)

  6. (日) 河川不定流とその解法(2)

  7. (日) 前半試験

  8. (日) 河川の土砂災害と対策(1)

  9. (日) 河川の土砂災害と対策(2)

  10. (日) 流砂の水理学入門

  11. (日) 河床砂礫の移動限界

  12. (日) 掃流砂の理論

  13. (日) 浮遊砂の理論

  14. (日) 河床変動の解析法

  15. (日) 後半試験

評価 必須

(日) 到達目標1および2の達成度を,前半試験の評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.到達目標3の達成度を後半試験の評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.すべての到達目標をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1∼3の評点を平均して算出する.

再評価 不用

(日) 再試験は60%以上を合格とするが,評点は一律に60点とする.

JABEE合格 不用

(日) .

JABEE関連 不用

(日) .

対象学生 任意

(日) 開講コース学生のみ履修可能.

教科書 必須
  1. (日) 主に担当者が作成した講義資料を使用するが,第3 および4週の授業 では,室田明編著「河川工学」(技報堂出版) を使用する.

参考資料 推奨
  1. (日) 芦田和男ほか著「河川の土砂災害と対策」(森北出版)

  2. (日) 川合茂ほか著「河川工学」(コロナ社)

URL 任意 http://hyd.ce.tokushima-u.ac.jp/okabe/index.htm
連絡先 推奨
  1. 岡部 健士
    オフィスアワー 任意
  2. 竹林 洋史
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 前半,後半のそれぞれを岡部,竹林が分担担当する.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です