徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/高エネルギービーム工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112683
EOID
753879
Map
[2004/高エネルギービーム工学]
LastModified
2014年11月4日(火) 16:38:29
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) High Energy Beam Engineering / (日) 高エネルギービーム工学 / (読) こうえねるぎーびーむこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 村上 理一
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 勝村 宗英
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 機械の機能を向上させるために高エネルギービームを材料の表面改質に適用することについて説明し,材料の表面改質に必要な加工技術の基礎知識を修得させる.

概要 必須

(日) 材料の表面改質に使われる高エネルギービームの基礎を説明して,電子ビーム,イオンビーム,レーザービームおよびプラズマが材料表面の機能を向上させる加工技術としての役割を実例を挙げながら,講述し,材料表面を原子,分子レベルから加工する微細加工に果たす高エネルギービームの有用性を理解させるとともに材料の表面改質と微細加工の評価についても講述する

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 機械材料学([2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/機械材料学])
    必要度 任意
  2. 材料科学([2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/材料科学])
    必要度 任意
  3. 破壊制御論([2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/破壊制御論])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) )「機械材料学」,「材料科学」,「破壊制御論」を受講していることが望ましい.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 表面改質の加工技術の理解

  2. (日) 高エネルギービームの性質の理解

  3. (日) 材料表面の機能評価の理解

計画 必須
  1. (日) 高エネルギービームの基

  2. (日) 高エネルギービームの基礎

  3. (日) 高エネルギービームの基礎·レポート

  4. (日) 電子ビームの応用

  5. (日) 電子ビームの応用

  6. (日) 電子ビームの応用

  7. (日) イオンビームの応用

  8. (日) イオンビームの応用

  9. (日) イオンビームの応用

  10. (日) イオンビームの応用

  11. (日) イオンビームの応用

  12. (日) レーザービームの応用

  13. (日) プラズマの応用

  14. (日) プラズマの応用

  15. (日) 予備日

  16. (日) 期末試験

評価 必須

(日) 到達目標の3項目について,授業への取組み状況,演習への回答,レポートの提出状況と内容および期末試験の成績を総合して行う.このとき,期末試験60%,平常点(受講姿勢,レポート·演習の提出状況と内容)40%として,到達目標3項目について平均60%以上を合格とする

再評価 不用

(日) 再試験は行わない.

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 小冊子「講義ノート·高エネルギービーム工学」を使用する.

参考資料 推奨
  1. (日) 必要に応じて講義中に指示を与える.

  2. (日) 必要に応じてプリントを配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 村上 理一
    オフィスアワー 任意

    (日) 毎週金曜日18:00∼19:00

  2. 勝村 宗英
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は3:7とする. 平常点には講義への取組み状況,演習の回答及びレポートの提出状況と内容を含む.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です