徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/無機化学3

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112556
EOID
384514
Map
[2004/無機化学3]
LastModified
2007年12月28日(金) 23:12:53
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Inorganic Chemistry 3 / (日) 無機化学3 / (読) むきかがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 安澤 幹人([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「無機化学1および2」で学んだ無機化学の基礎知識を確立させ,さらに複雑な問題への応用力を修得する.

概要 必須

(日) 無機化学に関する基礎的な例題を解説し,応用問題の演習を行う.また無機化学に関するトピックスを発表30分,質疑応答15分で行い,最近の新しい展開を含めた応用について実例に即して学習する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 無機化学1([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/[2005/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/無機化学1])
    必要度 任意
  2. 無機化学2([2005/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]]/[2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/無機化学2])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 「無機化学1および2」の履修を前提として講義する.計算機を用意しておくこと.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 無機化学の基礎概念を修得する.

  2. (日) 実用化されている高機能性材料の理論的バックグラウンドを理解する.

計画 必須
  1. (日) 原子間距離と原子半径

  2. (日) 化学的な力の型

  3. (日) 水素結合

  4. (日) 酸-塩基の概念

  5. (日) 中間試験

  6. (日) 標準電極電位·ネルンストの式

  7. (日) 酸化還元反応における平衡

  8. (日) 実用電池(一次電池,二次電池,燃料電池)

  9. (日) 中間試験

  10. (日) 有機金属化合物(非遷移金属)

  11. (日) 有機金属化合物(遷移金属)

  12. (日) 生物無機化学

  13. (日) 無機化学トピックスプレゼンテーション テーマ:太陽電池,燃料電池,リチウムイオン電池,核燃料発電,核融合,ファインセラミックス,超伝導物質,形状記憶合金,人工ダイヤモンド,光ファイバー

  14. (日) 無機化学トピックスプレゼンテーション

  15. (日) 無機化学トピックスプレゼンテーション

  16. (日) 最終試験

評価 必須

(日) 中間試験および2年前期末の本試験,講義中の演習およびプレゼンテーション発表·質疑応答を総合して行う.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 特に指定しない.講義時にプリント等を配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) コットン, ウィルキンソン, ガウス著「基礎無機化学」 中原 訳, 培風舘

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 安澤 幹人([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) .

    (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です