徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/光化学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112547
EOID
384471
Map
[2004/光化学]
LastModified
2007年12月28日(金) 23:11:32
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Photochemistry / (日) 光化学 / (読) ひかりかがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 河村 保彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) これまでに修得した有機化学の知識の上に,現代の先端的光技術の基礎と応用を明らかにし,その考え方を学ぶ.この学修を通じ,光化学が様々な技術分野で新たな発想の基礎として生かせることをめざす.

概要 必須

(日) 21世紀は光の時代といわれるほどに光への関心が高い.我々の毎日の生活は光があってこそ成り立っている.光と有機分子の相互作用の基本にある事象(光子の吸収による分子の励起状態の生成)について,基礎と応用の両面についてその現象や考え方をわかりやすく述べる.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 有機化学1([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2004/有機化学1])
    必要度 任意
  2. 有機化学2([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2005/生物有機化学2])
    必要度 任意
  3. 有機化学3([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2005/生物有機化学3])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 有機化学2([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2005/生物有機化学2])
    関連度 任意
  2. 有機化学3([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2005/生物有機化学3])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 「有機化学1,2及び3」の履修を前提に講義を行う.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 励起状態および基底状態の分子の化学が対比して考えられる.

  2. (日) 新たな光化学反応が,合理的に説明できる.

  3. (日) 身の回りの光利用技術が説明できる.

計画 必須
  1. (日) 光化学とは(光合成,光と情報,物質の色)

  2. (日) 光化学とは(光化学の基本法則,光励起分子の特徴)

  3. (日) 光増感反応

  4. (日) 光による分子の結合の開裂(光ハロゲン化,光によるナイロン原料の製造)

  5. (日) 光による分子の結合の開裂(CVD,感光材,感光性樹脂)

  6. (日) 光励起状態の観測(電子スペクトル,ケイ光,リン光)

  7. (日) 光励起状態の観測(励起状態の寿命測定)

  8. (日) 光励起状態の観測(過渡吸収,レーザー,光ディスク)

  9. (日) 光励起分子の化学反応(分子の異性化,フォトクロミズム)

  10. (日) 光励起分子の化学反応(光化学ホールバーニング,光誘起電子移動およびそれらの応用)

  11. (日) 光励起分子の化学反応(不均一系の光誘起電子移動とその利用)

  12. (日) 光を用いる合成反応(一重項酸素,光付加および転位反応,結晶の光反応)

  13. (日) 光を発する化学現象(化学発光,生物発光,蛍光体など)

  14. (日) 予備日

  15. (日) 予備日

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 期末試験の成績と平常点を総合して,成績評価を行なう.平常点は授業への取り組み状況,演習の解答,レポート提出状況及びその内容,小テストの成績とする.これら平常点と期末試験の評価割合は4:6とする.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 徳丸克己著 「光化学の世界」(大日本図書)

参考資料 推奨
  1. (日) 徳丸克己著 「有機光化学反応論」(東京化学同人 / 現在絶版だが,附属図書館で閲覧できる.)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 河村 保彦([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) なし

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です