徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/ベクトル解析

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112505
EOID
384216
Map
[2004/ベクトル解析]
LastModified
2007年12月28日(金) 22:56:08
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Vector Analysis / (日) ベクトル解析 / (読) ベクトルかいせき
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 長町 重昭
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 工学の解析で必要不可欠なベクトルの概念と基礎的な性質を学ぶとともに,ベクトル場の解析学を通して古典力学,流体力学や電磁気学に現れる基本的な物理法則の数学的な理解·運用を目標とする.

概要 必須

(日) 三次元空間のベクトルで表される物理量の局所的変化(微分)と大局的効果(積分)を記述する手法としてベクトル場の微分積分学を展開し,微分積分学の基本定理のベクトル場に対する一般化を確立する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 基礎数学/微分積分学I([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
  2. 基礎数学/微分積分学II([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 「微分積分学」の履修を前提とする.

注意 任意

(日) 講義内容を確実に理解するには,予習を行い,講義ノートをきちんととり,講義時間内に設けられた演習に積極的に取り組むこと.それ以上に,各自が普段から自主的に演習に取り組むこと.

目標 必須
  1. (日) ベクトル場の微分についての基礎的性質が理解でき, 勾配, 発散, および回転の基本事項が理解できる.

  2. (日) ベクトル場の各種の積分が理解でき, それらに関する基礎的な定理が理解できる.

計画 必須
  1. (日) ベクトルの演算

  2. (日) ベクトルの内積·外積

  3. (日) ベクトル値関数の微分·積分

  4. (日) 曲線のベクトル値関数表示

  5. (日) フレネ·セレの公式

  6. (日) 力学への応用

  7. (日) 曲面·接平面のベクトル値関数表示

  8. (日) スカラー場とベクトル場

  9. (日) スカラー場の勾配ベクトル

  10. (日) ベクトル場の発散·回転

  11. (日) 演算子間の関係

  12. (日) 線積分·面積分

  13. (日) ガウスの発散定理

  14. (日) ストークスの定理

  15. (日) 期末試験(到達目標1及び2の評価)

評価 必須

(日) 授業への取組み状況,演習の回答,レポートの提出状況,小テスト等の平常点と期末試験の成績を総合して行う.

JABEE合格 任意

(日) 到達目標の全項目が各々達成されているかを試験100%で評価し, 全項目とも60%以上であれば合格とする.

JABEE関連 任意

(日) JABEE基準の (C) 80% (G) 10% (H) 10% に対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 寺田文行·木村宣昭 共著「ベクトル解析の基礎」,サイエンス社

参考資料 推奨
  1. (日) 加藤祐輔『多変数関数の微積分とベクトル解析』講談社

  2. (日) 渡辺正『ベクトル解析の基礎と応用』新数理ライブラリ M5 サイエンス社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 長町 重昭
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です