徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 冨田 優子/[大庭 知子]/[藤原 慎視]/[大庭 康雄]/[森山 啓司]/ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について/[日本矯正歯科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112416
EOID
673965
Map
0
LastModified
2012年12月27日(木) 13:47:00
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[科長]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Tomita Yuko / (日) 冨田 優子 / (読) とみた ゆうこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大庭 知子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 藤原 慎視
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 大庭 康雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 森山 啓司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Influence of distalization of maxillary first molar by headgear on direction of maxillary second molar eruption

(日) ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について

副題 任意
要約 任意

(英) The purpose of this study was to examine the relationship between the distalization of the maxillary first molars by headgear and the direction of the maxillary second molars eruption with regard to the presence of the maxillary third molar germs. The 16 subjects of Angle Class II Division 1 malocclusion at Hellman's dental stage IIIB were divided into two groups consisting of 8 cases with maxillary third molar germs (present group : mean age 10 years 2 months), and 8 cases without maxillary third molar germs (absent group : mean age 9 years 8 months) . Lateral and frontal cephalograms at the initial stage, the post headgear treatment stage and the follow-up stage were analyzed. The changes of the maxillary first and second molars were evaluated at each group. The results were as follows : 1. Forward and downward growth of the maxilla in present group was significantly greater than those in absent group at the initial stage. 2. The distal and buccal tipping of maxillary second molars in present group was significantly greater than those in absent group during the headgear treatment. 3. The mesial and downward movement of maxillary second molars in present group was significantly smaller than those in absent group during the followup period. These results suggest that the maxillary third molar germs may have an influence on the direction of the maxillary second molars eruption after the distalization of the maxillary first molars by headgear.

(日) ヘッドギアを用いた上顎第一大臼歯遠心移動が,上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について,上顎第三大臼歯歯胚存在の有無に着目し検討することを目的とした.対象は,Angle Class II Division 1, Hellmanの歯齢IIIB期の上顎前突症例で,初期治療としてヘッドギアを1年以上装着した患者のうち,第三大臼歯歯胚が存在する8症例(存在群:男児4名,女児4名;初診時平均年齢10歳2か月)と,第三大臼歯歯胚が存在しない8症例(非存在群:男児4名,女児4名;初診時平均年齢9歳8か月)である.資料として,初診時(平均年齢9歳11か月),ヘッドギア使用終了時(平均年齢12歳0か月),経過観察終了時(平均年齢13歳7か月)の側面・正面頭部X線規格写真を用いて,各時点における上顎第一・第二大臼歯の角度および距離計測を行った.初診時における形態と,ヘッドギア使用期間,観察期間,および全期間の各変化量について2群間で比較検討し,以下の結果を得た.1.初診時では,上顎大臼歯後方部の水平距離および垂直距離ともに,存在群の方が有意に大きかった.2.ヘッドギア使用期間において,存在群では,有意な上顎第二大臼歯の遠心傾斜および頬側傾斜が認められた.3.観察期間において,存在群では,上顎第二大臼歯の近心移動量および下方への移動量が有意に小さかった.以上の結果から,ヘッドギアによる上顎第一大臼歯遠心移動において,上顎第三大臼歯歯胚の存在は,上顎第二大臼歯の萌出方向に影響を与える可能性が示唆された.

キーワード 推奨
  1. (日) ヘッドギア
  2. (日) 遠心移動
  3. (日) 上顎第三大臼歯歯胚
  4. (日) 上顎第二大臼歯
  5. (日) 上顎第一大臼歯
発行所 推奨 日本矯正歯科学会
誌名 必須 日本矯正歯科学会雑誌([日本矯正歯科学会])
(pISSN: 1349-0303)
ISSN 任意 1349-0303
ISSN: 1349-0303 (pISSN: 1349-0303)
Title: Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌
Supplier: 日本矯正歯科学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 63
必須 3
必須 151 161
都市 任意
年月日 必須 2004年 10月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004014957/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110004014957
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意