徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/生活と社会/ゼミナール「社会科学の夢」

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
112132
EOID
381778
Map
0
LastModified
2007年12月28日(金) 21:34:05
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (日) ゼミナール「社会科学の夢」
形態 推奨
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 水島 多喜男
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 社会科学を学ぶ意義を,経済学を手がかりに考える.

概要 必須

(日) ゼミ形式で,順次[授業の計画]で示した項目を検討し,「社会科学」に人々が寄せる夢,「社会科学」が見る快夢と虚夢,を見てゆきたい. また,研究活動とはどのようなものかについて,新聞,雑誌,ビデオを手がかりに考える

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 1.自然科学と対比して,社会科学の持つ特殊性を理解する.

  2. (日) 2.科学的であるとは何を意味するのか,について,これまでの様々な考え方を知る.

計画 必須
  1. (日) 1.研究にとり必要なものは何かを考える.

  2. (日) 2.ウェーバーとマルクスを例に,社会科学を考える.

  3. (日) 3.学問と科学は同じものか(科学である,とは何を意味するのか)を考える.

  4. (日) 4.経済学はどこまで科学か,を考える.

  5. (日) 5.簡単な経済学の歴史と,広がる領域について考える.

評価 必須

(日) 授業への取り組み状況などをもとに総合的に評価する.

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
  1. (日) 下記の資料,等を利用する.

  2. (日) ·遥洋子 『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』(筑摩書房,2000年).

  3. (日) ·新聞,雑誌記事(適宜).

  4. (日) ·大塚久雄『社会科学の方法』岩波新書(岩波書店,1966年).

  5. (日) ·マルクス『資本論草稿集』(大月書店,1981年).

  6. (日) ·ウェーバー『社会学の根本概念』岩波文庫(岩波書店,1972年)

  7. (日) ·独創性のある研究者に関するビデオ.

  8. (日) ·伊勢田哲治『疑似科学と科学の哲学』(名古屋大学出版会,2003年).

  9. (日) このほか,適宜資料の差し替えを行うことがある.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 水島 多喜男
    オフィスアワー 任意

    (日) 授業の後.研究室は総合科学部1号館中棟2階. E-mailの連絡先: mizushim@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意