徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2005/中国語/中国語入門

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
111615
EOID
381855
Map
0
LastModified
2007年12月28日(金) 21:35:26
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2005年 (平成 17年)
名称 必須 (英) Chinese / (日) 中国語 / (読) ちゅうごくご
題目 必須 (英) Introductory Chinese / (日) 中国語入門 / (読) ちゅうごくごにゅうもん
形態 推奨
コース 必須
  1. 2005/[徳島大学]/基盤形成科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 荒武 達朗([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.日本・アジア分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 隣国の言語である中国語を総合的に学ぶことを目的とする.具体的には,主にネイティヴの講師の指導により正しい発音や生きた会話表現を学ぶと共に,主に日本人の教官の指導により中国語文法を習得することを目指す.中国は世界の四分の一もの人口を占めている.中国語を学ぶことにより視野を広げ,国際人となるための扉を開いて欲しい.

概要 必須

(日) 文法をしっかりと学ぶのと同時に,会話練習にも重きを置く.ネイティヴの講師による発音練習や,テキストに準拠したビデオ教材を毎回視聴するだけでなく,学生全員が二人一組となって会話練習を行う時間を毎回設ける.従って単にぼっとして座っていることは許されず,学生ひとりひとりの積極的な授業参加が求められる.小テストも原則として毎回行う.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 間違えることを恐れずに積極的に中国語で話しかけてください.それが上達への近道です.欠席·遅刻はしないこと(特に第一回目はガイダンスなので必ず出席すること).週一回のみの履修不可なので再受講希望者は要注意.

目標 必須
  1. (日) 中国語の発音及びローマ字表記法(ピンイン)をしっかり把握し,基本的な語彙や基礎的な文法を身に付ける.

計画 必須
  1. (日) 1 ガイダンス

  2. (日) 2∼6 発音(ユニット1)

  3. (日) 7 ユニット1まとめテスト

  4. (日) 8∼13 基本語順と各種疑問文(ユニット2:空港から部屋まで)

  5. (日) 14 ユニット2まとめテスト

  6. (日) 15∼20 所有,存在の動詞,可能願望の助動詞他(ユニット3:北京映画学院のキャンパスで)

  7. (日) 21 暗誦テスト

  8. (日) 22 ユニット3まとめテスト

  9. (日) 23∼28 時点と時間量,比較表現,必要と禁止の助動詞他(ユニット4:チャイナドレスを買う)

  10. (日) 29 総復習

  11. (日) 30 ユニット4まとめテスト

  12. (日) なお,より詳細な授業計画は第一回の授業で説明するので,必ず出席すること.

評価 必須

(日) 毎回の小テスト,ユニットまとめテスト,暗誦テスト,期末試験により総合的に評価する. 具体的な配分については第一回の授業で詳しく説明する.

再評価 必須

(日) あり.

対象学生 不用

(日) b(総1年)

教科書 必須
  1. (日) 董燕·遠藤光暁『話す中国語 北京篇1』(朝日出版社,2001年)2,500円

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 荒武 達朗([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.日本・アジア分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日の授業前.8時∼8時40分.研究室は総合科学部一号館中棟三階の奥.或いはメールでアポイントメントを取る事.aratake@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 月5·6劉教員とペア