徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/日本文学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
103344
EOID
577251
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 02:58:41
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 人間・自然環境研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) 日本文学特論 / (読) にほんぶんがくとくろん
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 アジア文化/[修士課程]
担当教員 必須
  1. 鳥羽 耕史
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 近現代文学を論ずるための基礎としての文学理論を知る.格別に理論的なスタンスをとるのでなくても,今日,文学を論ずるにあたって理論の存在を無視することは不可能である.ファッションのモードのように刻々とうつろってゆく流行理論を相対化するためにも,文学理論の概略を身につけてもらいたい.

概要 必須

(日) 文学理論入門

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 毎回必ず指定されたテクストを読んだ上で出席すること.必要に応じて理論書や英語論文の予習も指示するので,かなりの準備時間が必要.自分から進んで読み,考え,意見を述べる姿勢を求める.教科書は第一回の授業までに購入しておくこと.

目標 必須
  1. (日) 文学テクストを,何らかの理論·方法論に依拠して読解できるようになる.

  2. (日) 自らが論文を書いていく時の理論的スタンスを定める.

計画 必須
  1. (日) 以下の8章からなる教科書の1章につき1∼2回ずつのペースで,その章に関連する論文プリントと共に読む.

  2. (日) 1理論とは何か?

  3. (日) 2文学とは何か? 文学は重要か?

  4. (日) 3文学とカルチュラル·スタディーズ

  5. (日) 4言語,意味,解釈

  6. (日) 5レトリック,詩学,詩

  7. (日) 6物語(ナラティヴ)

  8. (日) 7行為遂行的な(パフォーマティヴな)言語

  9. (日) 8アイデンティティ,同一化,主体(サブジェクト)

評価 必須

(日) 出席確認を兼ねた毎回の小レポートと授業時の発言,中間レポート,期末レポートにより総合的に評価する.

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 教科書:ジョナサン·カラー,荒木映子·富山太佳夫訳『1冊でわかる文学理論』岩波書店 2003年 1400円

  2. (日) 教材としてプリントを配布する他,参考書も適宜指示する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 鳥羽 耕史
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日 13時30分∼14時30分 総合科学部1号館3階2326号室,e-mail: toba@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 開講学期:前

  2. (日) 2004年度は,月 7·8 開講