徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/日本文学/日本の文学III(大岡昇平『俘虜記』を読む)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
103159
EOID
577221
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 02:57:36
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) 日本文学 / (読) にほんぶんがく
題目 必須 (日) 日本の文学III(大岡昇平『俘虜記』を読む)
形態 推奨
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学]/教養科目 人文科学分野/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 鳥羽 耕史
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 作家·大岡昇平の事実上のデビュー作であり代表作の一つでもある『俘虜記』を読む.戦争を描いた記録文学の傑作と言われ,作家自身によって諷刺の意図もあったとされるこの小説を,初出との異同や先行研究,同時代の記録文学なども参照しながら精読する.そうした作業の上で,文学にとっての記録性や諷刺性について考察することを目的とする.

概要 必須

(日) 連作として発表された『俘虜記』の各章を年代順に読む.毎回担当者を決めて章の内容の要約と考察を発表してもらい,その上で議論·講義を展開していきたい.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 教科書は第一回の授業までに生協·書店などで購入しておいて下さい.必ず次回のテクストを読んでから授業に臨むこと.受け身の姿勢で教わるのではなく,自分で読み,考える姿勢を持つ学生を歓迎します.

目標 必須
  1. (日) 大岡昇平という作家および記録文学について知識を深める.

  2. (日) 小説を自分で読解し,テーマや内容を言葉で表現できる.

計画 必須
  1. (日) 1 ガイダンス

  2. (日) 2 「捉まるまで」

  3. (日) 3 「サンホセ野戦病院」

  4. (日) 4 「タクロバンの雨」

  5. (日) 5 「パロの陽」

  6. (日) 6 「生きている俘虜」

  7. (日) 7 「戦友」

  8. (日) 8 「季節」

  9. (日) 9 「労働」

  10. (日) 10 「八月十日」

  11. (日) 11 「新しき俘虜と古き俘虜」

  12. (日) 12 「演芸大会」

  13. (日) 13 「帰還」

  14. (日) 14 「西矢隊始末記」

  15. (日) 15 まとめ

評価 必須

(日) 出席確認を兼ねた毎回の小レポート,章内容の要約と考察の発表,授業内での議論への参加,学期末試験の結果により総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 教科書:大岡昇平『俘虜記』新潮文庫 1993年 629円

  2. (日) 参考書は適宜指示する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 鳥羽 耕史
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日 13時30分∼14時30分 総合科学部1号館3階2326号室, e-mail: toba@ias.tokushima-u.ac.jp

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 開講学期:前

  2. (日) 2004年度は,月 3·4 開講