徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/基礎生物学/基礎生物学H

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
102816
EOID
579868
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 15:37:26
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) 基礎生物学 / (読) きそせいぶつがく
題目 必須 (日) 基礎生物学H
形態 推奨
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学]/基礎教育科目/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 大西 敏男([徳島大学.医療技術短期大学部])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 本授業では高等学校で生物学を履修していない学生も,専門分野の放射線生物学,遺伝学,遺伝子工学,DNA診断などの講義にスムーズに入っていけるように,細胞の構造や細胞分裂,核酸,形質発現などについて基礎的な知識を身につけることを目的としている.

概要 必須

(日) 生命現象を細胞と遺伝子のレベルから捉える. 前半の項目では生き物の単位である細胞の内部構造(細胞小器官)の形と機能,細胞分裂の仕組みと制御機構や細胞·ファージ·ウイルスの増殖過程の概略を学ぶ.後半の項目では主に核酸の化学,遺伝情報の流れやDNAの複製,形質発現の仕組みについて学ぶ.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) とにかく授業に出ること.授業では「独学」では味わえない多元的なテーマの展開も体験できる.

目標 必須
  1. (日) (1)動物細胞の細胞小器官の構造と機能を覚える.

  2. (日) (2)体細胞分裂と減数分裂の違い,減数分裂では,なぜ引き続いて二回の分裂が起こらなければならないか理解する.細胞周期の概略を頭に入れる.

  3. (日) (3)大腸菌·動物細胞·ファージ·ウイルスの増殖過程を把握する.

  4. (日) (4)核酸の構成成分,核酸の種類と働きを覚える.DNA,クロマチンと染色体の関係やゲノムと遺伝子の関係を掴む.DNAの複製,転写,翻訳の概略を図示できるようにする.

  5. (日) (5)突然変異の種類や変異誘発の概略を捉える.

計画 必須
  1. (日) (: の後は主な講義細目である)

  2. (日) 1-2週 細胞の構造と機能: 動物細胞の細胞小器官の構造と機能の概略

  3. (日) 3-5週 細胞分裂と細胞周期: 分裂装置.体細胞分裂.減数分裂.細胞周期の調節機構.

  4. (日) 6-7週 細胞·ファージ·ウイルスの増殖: 細胞の増殖過程.ファージ·ウイルスの生活環.

  5. (日) 8-10週 核酸の化学と物理化学: 核酸の構成成分.DNA.クロマチンと染色体.RNAの種類と機能. 核酸の変性.Tm.ハイブリダイゼイション.

  6. (日) 11週 DNAの複製: 半保存的複製.複製開始点.複製終止点.,不連続複製.複製の分子機構.動物細胞のDNA複製の特異性.

  7. (日) 12-14週 遺伝情報の流れ··· 転写,遺伝暗号,翻訳: 転写の分子機構と転写調節.遺伝暗号.翻訳の分子機構.

  8. (日) 15週 突然変異: 突然変異の種類.変異原と変異誘発機構.

評価 必須

(日) 期末試験,小テスト,レポート等によって評価する.

再評価 必須

(日) 有 (再々試験は無し)

対象学生 不用

(日) (医(放検1年)

教科書 必須
  1. (日) 参考書:項目毎に紹介する.

  2. (日) 教科書:鈴木件之(著)「分子生物学」生物研究社 2003年 2800円,さらにプリントを適宜配布する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 大西 敏男([徳島大学.医療技術短期大学部])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 開講学期:後

  2. (日) 2004年度は,水 1·2 開講