徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/現代社会の諸問題(循環型社会の

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
102441
EOID
582174
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 19:26:19
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) 現代社会の諸問題(循環型社会の / (読) げんだいしゃかいのしょもんだい じゅんかんがたしゃかいの
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 栗栖 聡
    肩書 任意
  2. 上原 克之([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    肩書 任意
  3. 石田 和之
    肩書 任意
  4. 出口 竜也
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 環境問題への対応は,現代社会が抱える最重要課題の一つである.環境問題への取り組みは従来主に自然科学によって行なわれてきたが,近年では社会科学的観点からの取り組みも積極的になされるようになってきた.この授業においては,これまで軽視されがちであった社会科学からの環境問題に対する取り組みを紹介し,それらを統合する可能性を探るつもりである.とはいえ,環境問題の範囲はきわめて広いため,この授業においては,特に廃棄物を適正に処理する社会,あるいは廃棄物の排出自体を最小化する社会(「循環型社会」と呼ぶ)の形成がいかにして可能かという視点に絞って,社会科学各分野からのアプローチの基本を学ぶことを目的とする.

概要 必須

(日) 循環型社会形成に向けての社会科学的アプローチ

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 新聞,テレビなどで報道される環境関連のニュースに関心を持つこと

目標 必須
  1. (日) 循環型社会の基本骨格を多面的に理解すること

計画 必須
  1. (日) 1.循環型社会と社会科学(栗栖)

  2. (日) 2.循環型社会と環境政策(栗栖)

  3. (日) ·循環型社会と環境政策

  4. (日) ·規制,経済的手法,自主的取組

  5. (日) 3.循環型社会と法(上原)

  6. (日) ·廃棄物の処理にかかわる法

  7. (日) ·循環型社会を形成するための法

  8. (日) 4.循環型社会と経済(石田)

  9. (日) ·経済的インセンティブの活用(環境経済学)

  10. (日) ·ゴミの有料化,デポジット制

  11. (日) 5.循環型社会と企業·家庭経営(出口)

  12. (日) ·企業とリサイクル,ゼロ·エミッション,静脈産業

  13. (日) ·環境に配慮した家庭経営

  14. (日) 6.循環型社会の形成に向けて

評価 必須

(日) 出席状況および試験により行なう.

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
  1. (日) 授業中に指示する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 栗栖 聡
    オフィスアワー 任意

    (日) 各担当者と個別に相談すること

  2. 上原 克之([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 各担当者と個別に相談すること

  3. 石田 和之
    オフィスアワー 任意

    (日) 各担当者と個別に相談すること

  4. 出口 竜也
    オフィスアワー 任意

    (日) 各担当者と個別に相談すること

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 開講年次:1

  2. (日) 開講学期:後

  3. (日) 2004年度は,金 5·6 開講