徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/スポーツ心理学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
102176
EOID
576947
Map
0
LastModified
2011年4月9日(土) 19:25:42
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) スポーツ心理学 / (読) すぽーつしんりがく
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]
  2. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 上野 耕平([阿南工業高等専門学校])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「スポーツ経験を自らの一生涯のなかでどのように位置づけることができるか.」スポーツ選手にとって,本課題の解決は引退後の社会への適応に大きく関係するとされている.本講義では,スポーツ経験における危機とそれへの対処,またスポーツと日常生活の関係に対する認識が,上記課題の解決とどのように関係するのかについて講義する.【授業の内容と計画】,スポーツ経験における危機(2軍落ち,怪我,成績の停滞)は,スポーツ選手としてのアイデンティティを揺るがす危機となる反面,危機への対処方法を獲得する機会ともなりえる.ここでは,いくつかの事例研究をもとにスポーツ場面における危機に対する理解を深める.また授業後半では,スポーツ心理学領域における最近の研究をレビューすると共に,学生によるレジュメ発表を行う.

概要 必須

(日) 生涯発達的視点から見たスポーツ

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 隔年開講(平成14年度は開講する)

目標 必須
  1. (日) スポーツ経験において選手が遭遇する危機に対する理解を深める

計画 必須
  1. (日) 1)授業の説明とスポーツ心理学研究の紹介

  2. (日) 2)アイデンティティ形成とスポーツ

  3. (日) 3)事例:退部を契機としたアイデンティティ再確立における困難

  4. (日) 4)事例:スポーツ場面での危機様態と職業決定場面での対処行動の類似性

  5. (日) 5)事例:バーンアウトについて

  6. (日) 6)事例:スポーツ選手の怪我とその心理

  7. (日) 7)事例:競技引退に伴うアイデンティティ再体制化

  8. (日) 8)スポーツ経験とライフスキルの獲得

  9. (日) 9)中間テスト

  10. (日) 10)試合場面でのパフォーマンスの低下:学生によるレジュメ発表

  11. (日) 11)状況判断能力を養う:学生によるレジュメ発表

  12. (日) 12)合理的な練習計画の作成に向けて:学生によるレジュメ発表

  13. (日) 13)スポーツとジェンダー:学生によるレジュメ発表

  14. (日) 14)スポーツと集団力学:学生によるレジュメ発表

  15. (日) 15)メンタルトレーニング:学生によるレジュメ発表

評価 必須

(日) 出欠状況,提出物及びテスト.

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
  1. (日) 資料を配布する

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 上野 耕平([阿南工業高等専門学校])
    オフィスアワー 任意

    (日) 授業後に受け付ける

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 本年度開講せず 「隔年開講」

  2. (日) 開講年次:2

  3. (日) 開講学期:後

  4. (日) 2004年度は,水 7·8 開講