徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/解剖学概論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
102158
EOID
573379
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 18:27:09
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) 解剖学概論 / (読) かいぼうがくがいろん
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]
  2. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 佐竹 昌之([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 行動科学を学ぶ上で身体各部の構造に関する知識は欠かせないものです.私たちの体は実に見事に作られており解剖学に関する知見を学べば学ぶほど,その見事さに驚かされます. 解剖学を学ぶとき,組織や器官の名称をただ単に暗記しようとしてもなかなか覚えられないばかりか,興味を持つことができません.この授業では,それぞれの器官が体全体の中でいかに助け合い,役割を分担しあっているのかを学習します. この授業を通して,自分自身の「からだ」をより身近なものに感じ取ってください.

概要 必須

(日) からだの形態や構造に潜む自然の法則性を探る

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) この授業で詳しく取り上げることのできない項目については,次の授業科目で取り上げられていますので,それらの講義も受講することを望みます. (生理学概論·運動生理学·人体構造機能学·神経生理学(3年次開講))

目標 必須
  1. (日) 1.全身の11の器官について一般的な機能を理解する.

  2. (日) 2.皮膚やその付属器官の構造·機能を,日常生活や運動場面との関連で理解する.

  3. (日) 3.消化器官の名称とその相互関係を学び,食物の消化吸収の機序を理解する.

  4. (日) 4.腎臓各部位について学び,尿の生成過程を理解する.

  5. (日) 5.生殖器の構造·機能を学び,精子·卵子が受精するまでの過程を理解する.

計画 必須
  1. (日) 身体各部の基本的な構造·機能を系統別に講義します.15回という時間的制約がありますので,特に次の5つを重点的に取り上げます.

  2. (日) 1.人体の器官系(11の器官系の位置,機能)

  3. (日) 2.外皮系(皮膚とその付属器官(毛,爪など))

  4. (日) 3.消化器系(消化管(食道,胃,小腸,大腸)とその付属器官(肝臓,膵臓など))

  5. (日) 4.泌尿器系(腎臓,尿路,膀胱)

  6. (日) 5.生殖器系(男性生殖器,女性生殖器)

  7. (日) なお,詳しいスケジュール(各回の内容や時間外学習の課題など)は,第1回目の授業時に配布し,説明します.

評価 必須

(日) 授業毎のミニテスト(60%)及び期末試験(持ち込み不可)(40%)

再評価 必須

(日) 1回行います.

教科書 必須
  1. (日) (教科書)カラーで学ぶ解剖生理学,ゲーリー·A·ティボドー他著,医学書院

  2. (日) 5600円 大学生協で購入できます

  3. (日) 他に,補助教材(印刷資料)を使用します.第2回目の授業時に配布します.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 佐竹 昌之([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) (前期)月曜日17時∼18時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 開講年次:2

  2. (日) 開講学期:前

  3. (日) 2004年度は,火 1·2 開講