徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/ドイツ言語文化研究III

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
102094
EOID
582060
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 19:14:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) ドイツ言語文化研究III / (読) ドイツげんごぶんかけんきゅう
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]
  2. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 曾田 紘二
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 昔話や子供の文学,小説などの物語を手掛かりにして,ドイツ,ヨーロッパと日本 の文化の基層を突き合わせ,それぞれの違い,特徴を知る.

概要 必須

(日) 日本の文化と比較しながらドイツ,ヨーロッパ文化の基層を調べ,それぞれの特徴を探る.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 特になし.

目標 必須
  1. (日) 下記のテーマについて論述する際に必要な術語と,その基本的な意味を知り,これらの事柄について自分なりに論を展開できるようにする.

計画 必須
  1. (日) 以下の事項について講義をし,それをもとに質疑を行います.

  2. (日) 1,2. グリムの昔話の中心テーマ「成長発展」

  3. (日) 3,4. 日本の昔話の特徴

  4. (日) 5,6. 昔話の日·欧比較 - 人間と自然の関係をめぐって

  5. (日) 7,8. 西洋の児童文学の中心テーマ「成長発展」

  6. (日) 9,10. Bildungsroman(自己形成物語)のテーマ「成長発展」とその限界

  7. (日) 11,12. 日本的物語<私小説>の特徴

  8. (日) 13,14. 物語構成の2つの軸 - 生成発展(時間的展開)と連想的イメージ(絵画的 展開)

  9. (日) 15. まとめ

評価 必須

(日) 出席とレポートで評価します.

再評価 必須

(日) レポート再提出のかたちで行ないます.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使わず,授業はすべてプリントで行ないます.参考図書は授業中に,そのつど紹介します.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 曾田 紘二
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日 15時∼16時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 開講年次:2

  2. (日) 開講学期:前·後

  3. (日) 2004年度は,月 5·6 開講