徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/生活福祉論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
102014
EOID
581991
Map
0
LastModified
2011年4月11日(月) 18:35:29
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) 生活福祉論 / (読) せいかつふくしろん
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 阿部 芳子
    肩書 任意
  2. 阿部 栄子
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 生活福祉とは,「生活主体(生活を営む者)が,自らの生活を営んでいくために必要なモノやサービスを確保しつつ,そのモノやサービスを使う際に形成,発達させられる生活力が最大になるような状態」を指している.「欲求充足の過程である」生活を長期的により安定させるために,欲求の発生から欲求の実現に至るまでの生活内外の諸条件の整備や生活力のレベルアップを促していくのが生活福祉活動である.ここでは従来の生活経営学よりも広範囲で個別生活をその置かれた社会条件との関わりの中で把握させる.

概要 必須

(日) 生活の質,健康を支援する生活環境,生活を支援する衣生活

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 本授業は,基礎的なアプローチを目的としているので,随時,サンプルの提示·OHP·ビデオ等を使用する.

目標 必須
  1. (日) 人間にとって健康でかつ快適な生活について,生活福祉の面から捉え,子供·成熟年·高齢者の福祉を支える基礎的な要件の理解.

計画 必須
  1. (日) 1.序論

  2. (日) 2.生活福祉とは

  3. (日) 3.生活福祉実現のための必要用件

  4. (日) 4.生活の質

  5. (日) 5.健康を支援する生活環境

  6. (日) 6.バリアフリー

  7. (日) 7.ユニバーサルデザイン

  8. (日) 8.高齢者と生活福祉

  9. (日) 9.生活者の自立

  10. (日) 10.衣服環境と安全

  11. (日) 11.生活支援のための衣服

  12. (日) 12.まとめ

評価 必須

(日) 授業中に行う数回の課題,筆記試験および授業への取り組み状況などをもとに総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 行わない.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使用せず,必要に応じてプリントを配布する.参考書等は,必要に応じて紹介する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 阿部 芳子
    オフィスアワー 任意

    (日) (後期)集中講義終了後

  2. 阿部 栄子
    オフィスアワー 任意

    (日) (後期)集中講義終了後

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 各年開講:平成16年度開講

  2. (日) 開講年次:3

  3. (日) 開講学期:後

  4. (日) 2004年度は,集中 未定 開講