徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/日本言語演習I

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
101986
EOID
577278
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 03:01:00
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (日) 日本言語演習I / (読) にほんげんごえんしゅう
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
  3. 2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 岸江 信介
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 西日本の一地域においてフィールドワークを行い,調査によって得られたデータの処理の方法として,「方言データベース」「音声データベース」の構築方法について学ぶ.

概要 必須

(日) 地域言語研究法とデータ分析方法の習得

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) フィールド調査には全員が参加できるようにして頂きたい.

目標 必須
  1. (日) 表計算及びデータベースソフトを利用した言語動態分析法の習得

計画 必須
  1. (日) 前期では,西日本諸方言について各自が学習し,音韻·アクセント·文法·語彙などの特色を把握する.受講者各人は,その中から興味を持った題材を取り上げて,それぞれ発表を行うことにする.また,前期の後半部分では,フィールド調査に関する調査票の作成,フィールド調査の方法等について説明する.夏期休業中期間等を利用して,フィールドワークを実施する予定である.現段階で調査地域は未定である.

  2. (日) 後期では,エクセル,ファイルメーカーなどのソフトの操作法を学習しつつ,受講生全体での共同作業として,調査票の整理,データ入力を行ったあと,各調査項目の分担を決め,データの分析を通じて,各自発表を行うことにする.

評価 必須

(日) 成績評価は,発表(30%)·レポート(50%)·ソフト等の習得(20%)といった比率に基づく.フィールド調査には参加すること.調査への参加は出席点に加える.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 教科書:特に指定しない.

  2. (日) 教材:授業でプリントを配布する.

  3. (日) 参考書:西日本諸方言に関する必要な論文,データベースソフトの操作マニュアル等を授業で紹介したい.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 岸江 信介
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜日午後1時∼午後5時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 開講年次:3·4

  2. (日) 開講学期:通年

  3. (日) 2004年度は,水 9·10 開講