徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [竹内 久裕]/藤村 哲也/[坂東 永一]/咬合力による顎口腔系の変形が顎運動解析に及ぼす影響/[日本補綴歯科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
100695
EOID
803107
Map
0
LastModified
2015年11月27日(金) 14:58:16
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[科長]/[徳島大学.病院.診療科.歯科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科.機能維持系臨床歯学講座.咬合管理学(歯科補綴学第二講座)
著者 必須
  1. 竹内 久裕
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 藤村 哲也
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 藤村 哲也
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 坂東 永一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Effect of the Craniomandibular Deformation on Analysis of the Jaw Movements

(日) 咬合力による顎口腔系の変形が顎運動解析に及ぼす影響

副題 任意
要約 任意

(英) At the present time, there are several Jaw movement analyzers that can analyze the condylar movements in six degrees-of-freedom. All of them are mounted between maxillary and mandibular face-bows. And all investigators study jaw movements on assumption that the human body is rigid. But the occlusal force causes the displacement of teeth and deformation of bones. In this study, we measured the displacement of maxillary dental arch during clenching with two occlusal conditions in three subjects, and evaluated its effects on analysis of Jaw movements quantitatively. We recorded the clenching for three times with each condition in each subject. The results are as follow : 1 . Maxillary dental arch displacettaent during clenchiuag in the intercuspal position averaged 29±11μm superiorly, 17±23μm at the right side and 5±14μm anteriorly at bilateral first molars. And during clenching on the unilateral first-molar pivot, they averaged 35±18μm superiorly, 5±22μm medially and 21±27μm anteriorly at the maxillary first molar of the working-side. 2. In the vertical direction, the maxillary tooth arch disrlacement showed the condyle more inferior than the real position. Those values were 63±47μm at both condyles (clenchig in the intercuspal position) and 31±65μm at the working-side condyle (clenching on the pivot).

(日) 顎運動の測定では,頭部と下顎,あるいは上下顎歯列間の相対的な運動を計測する方法が一般的であり,咬合力作用時に歯の変形や変位,骨の変形が生じることを認めつつも,顎口腔系と測定器を剛体と仮定して解析を行っている.本研究では,徳島大学歯学部第二補綴科で開発したディジタル方式下顎運動測定器を使用した顎運動解析において,咬合力作用時に生じる顎口腔系の変形が測定結果に与えている影響について詳細な検討を行った.

キーワード 推奨
  1. 顎運動(jaw motion/->キーワード[顎運動])
  2. 咬合力(occlusal force)
発行所 推奨 日本補綴歯科学会
誌名 必須 日本補綴歯科学会雑誌([日本補綴歯科学会])
(pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)
ISSN 任意 0389-5386
ISSN: 0389-5386 (pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)
Title: Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人日本補綴歯科学会
Publisher: Nihon Hotetsu shika Gakkai/Japan Prosthodontic Society
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 34
必須 6
必須 1150 1161
都市 任意
年月日 必須 1990年 12月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003856093/
DOI 任意 10.2186/jjps.34.1150    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110003856093
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意