徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 井上 紀子/飯田 博一/袁 振芳/[石川 康子]/石田 甫/Age-related decreases in the response of aquaporin-5 to acetylcholine in rat parotid glands./[Journal of Dental Research]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
100667
EOID
721283
Map
0
LastModified
2014年1月28日(火) 17:03:20
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石川 康子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科
著者 必須
  1. (英) Inoue Noriko / (日) 井上 紀子 / (読) いのうえ のりこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《井上 紀子 () @ 歯学研究科.博士課程 [大学院学生] 2000年4月〜2004年3月》
    《井上 典子 () @ 歯学部 [学部学生] 1995年4月〜2002年3月》
    《井上 紀子 () @ 歯学部 [学部学生] 1994年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) IIida Hirokazu / (日) 飯田 博一 / (読) いいだ ひろかず
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 飯田 博一
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Yuan zhenfang / (日) 袁 振芳 / (読) えん しんほう
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 袁 振芳
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 石川 康子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ishida Hajime / (日) 石田 甫 / (読) いしだ はじめ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Age-related decreases in the response of aquaporin-5 to acetylcholine in rat parotid glands.

副題 任意
要約 任意

(英) The responsiveness of AQP5 to nervous stimuli was studied in the parotid tissues of senescent (2-year-old) and young adult (10-week-old) rats. The increasing ratio by acetylcholine of the amount of AQP5 in the apical plasma membrane (APM) was 3.6-fold in the tissues of young adult rats, but 1.8-fold in those of senescent rats. However, the increasing ratios by epinephrine of the amount of AQP5 in APM of young adult and senescent rats were 2.3-fold and 1.8-fold, respectively. The SNI-2011 induced a persistent increase in the amount of AQP5 in APM even in senescent rats. The changes in the responsiveness of AQP5 in the tissues to nervous stimuli during aging corresponded to nitric oxide synthase activity. These results suggest that the stimulatory effect of acetylchorine on the abundance of AQP5 in APM of the parotid cells was markedly reduced during aging and that SNI-2011 prove effective for treatment of age-related xerostomia.

キーワード 推奨
  1. 顎口腔機能(stomatognathic function)
  2. 加齢変化(aging patterrn)
  3. 情報伝達機構(signal transduction)
  4. 神経伝達物質(neurotransmitter)
  5. カルシウム(calcium)
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Dental Research([国際歯科研究学会])
(pISSN: 0022-0345, eISSN: 1544-0591)
ISSN 任意 0022-0345
ISSN: 0022-0345 (pISSN: 0022-0345, eISSN: 1544-0591)
Title: Journal of dental research
Title(ISO): J. Dent. Res.
Publisher: SAGE Publications
 (NLM Catalog  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 82
必須 6
必須 476 480
都市 任意
年月日 必須 2003年 6月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10015634664/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 10015634664
WOS 任意 000183066700014
Scopus 任意 2-s2.0-0038507596
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意